和裁士の育成と着物のお仕立て、お直しのことなら仕立屋の衣裳研究会へ

和裁とは

和裁とは

和裁とは

和裁とは和服裁縫の略で、文字どおり和服を縫うことです。

言葉にすると簡単ですが、和裁は日本の長い歴史の中で日本人の知恵と技術が凝縮された伝統技術です。

そして "きもの" は日本の民族衣装です。民族衣装は未来永劫決してなくなることはありません。

現代の日本でも結婚式、成人式、卒業式、その他人生の大切な節目の日に日本人は "きもの" を着ます。
また、日本には四季があり、その季節によって様々な種類のきものがあり、それにより和裁に対するニーズもたくさんあります。
現在の長引く不況の中、様々な分野で働いている人たちはこの先どうなるのか少なからず不安を抱えていると思いますが、和裁を職とすることは今述べたように日本文化がバックボーンとして支えてくれています。

話が大袈裟になりましたが、手に職が付いていれば不況にも打ち勝つことができます。
専門職には様々な分野がありますが、日本の伝統技術である「和裁」に少しでも興味をもってもらえれば幸せです。


和裁の魅力

和裁は自分の生活リズムで仕事が出来ます

例えば、子育て中の主婦の方、子育ての合間に仕事ができちゃいます。

会社勤めの方でも休日などを利用してちょとしたお小遣いも稼げます。


和裁は2畳あればできます


和裁の仕事は畳2畳あればできます。

個人で和裁の仕事をしている人はほとんど自宅で働いています。


和裁は時代に左右されません

きものは日本の民族衣装です。民族衣装は決してなくなることはありません。

そして日本には大切な行事にきものを着る風習があるので和裁の必要性は重大です。


和裁はさまざまな分野で活躍できます

在宅での仕事の他に、和裁教室やカルチャースクールでの教師や、呉服店と専属契約したり、自分だけのオリジナルな創作品の個展など、その他にもさまざまな分野での活躍が期待できます。


和裁を通じて和の心が磨かれます

和裁を通じて、すばらしい刺繍や染による美しい柄や色を目で見て手で触れることにより、自然と和の美的感覚が養われます。
また、お客様や取引先の方々を通じて、着装、日本舞踊、お茶、生け花などの分野の方々まで関係が広がり、日本人の心を学ぶ機会が広がります。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional