和裁士の育成と着物のお仕立て、お直しのことなら仕立屋の衣裳研究会へ

和裁に関する就職・仕事先

和裁に関する就職・仕事先

一般的な和裁の仕事については「和裁の仕事・職業とは」の章で説明しましたが、ここではそれ以外に、「和裁の知識があると役に立つ職業」をご紹介します。

呉服メーカーなどでの呉服売場の販売員

販売員に和裁の知識があると採寸や仕立てに関する見積もりができ、お客様に対して的確なアドバイスができます。
また、仕立て側とのやり取りもスムーズに行うことができます。(実際に弊社の場合も仕立てのことを理解している販売員さんと照会などをする場合は非常に助かります)

呉服小売業などのバイヤー

呉服業界のバイヤーは、着物の知識はもちろんですが、それを仕立てる和裁の知識も備わっていると、お客様や仕立屋の関係がより深まり、ビジネスに役立ちます。

きものデザイナー

きものデザインは、一般的に素材や染色、織りなどの専門知識が必要ですが、着物の形をデザインするとなると、和裁の知識が重要で不可欠になります。

着付け師

着付け教室や結婚式場、美容室などで活躍する着付け師ですが、実は和裁と着付けは非常に深い関係にあります。
着物を仕立てる和裁は、その人に合った体型によって寸法や形を変え、より着やすくするために努力します。
そのような知識があれば着付けをする時にも非常に役に立ちます。
(和裁技能検定と着付け技能検定の学科問題は共通した問題が数多く出題されています)

着物コーディネーター

単に着付けるだけでなく、時期やシチュエーションにより着物や帯、小物などをコーディネートすることが主な仕事ですが、着物を着せた際に寸法の相違などにより、着付けに不備がある場合、和裁の知識があれば着物自体の寸法や形をどのように直せばいいのか的確にアドバイスすることができます。


以上、和裁の技術がなくても知識が備わっていれば必ず役に立つ職業をいくつか挙げてみました。


次へ:和裁をどこで学ぶか

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional