和裁士の育成と着物のお仕立て、お直しのことなら仕立屋の衣裳研究会へ

和裁教室受講者作品

受講者作品


受講者の皆さんが、一生懸命に仕立てた作品をご紹介します。

受講者Wさんの作品

単衣着物

◆単衣着物◆

ご本人からコメント
生地がつるつるしていてとても縫いずらかったです。

縫っていてもすべってしまい、思ったよりも針目が大きくなってしまったところもありました。




受講者Fさんの作品

小紋(袷)

◆小紋(袷)◆

ご自分用の着物ですが、細身で裄が長くスタイルがいい方なので、肩の曲りが多い仕立てが大変だったと思います。

表と裏のつり合いに苦戦され何度かやり直したそうですが、すっきりまとまった仕立て上がりになりました。


小紋(袷)

ご本人からコメント

縮緬の生地で難しく、大変でしたが、先生の情熱的なご指導のおかげで無事に出来上がりました。

和裁の奥深さと基本の大切さが少しわかりました。

また少しずつ頑張っていこうと思います。





受講者Hさんの作品

作務衣

◆作務衣 (上下)◆

基本的に作務衣は作業用の衣類ですが、それにはもったいないくらいの作務衣に出来上がりました。

全体的にとてもきれいに仕立てあがっています。




受講者Kさんの作品

リバーシブルの綿入れ半纏

◆綿入れ半纏 リバーシブル◆

とにかく軽くて暖かそうです。

お父様へのプレゼントということですが、絶対に喜んでいただけると思います。

室内用だけではもったいないくらいに素敵な袢纏ですね!


リバーシブルの綿入れ半纏

ご本人からコメント

父へのプレゼントとしてリバーシブルの綿入れ半纏を作製しました。

綴じなどの行程でとても苦労しました。
完成まで時間がかかってしまいましたが、出来上がってほっとしています。

父が欲しくないと言ったら自分用にしようと密かに企てていましたが(笑)、渡したらとても喜んで嬉しかったです 。




受講者Wさんの作品

単衣長着 ウール地

◆単衣長着 ウール地◆

ご自分で縫った着物をお召しになる時、今までとは違った感動があるのではないでしょうか。

褄下のくけなど、まっすぐくけられていて、全体的にきれいに仕立上がっています。

お召しになる時、ご友人などに自慢してください!


単衣長着 ウール地

ご本人からコメント

初めて着物を仕立てることができて、とてもうれしく思います。
先生に丁寧に教えていただいたお陰です。ありがとうございました。
初めのうちは、cmに慣れている私にとっては、尺の換算表を見ながら先生の話についていくのがやっとでしたが、少しずつ慣れて理解できるようになりました。
基礎ができないものですから、指ぬきに針を当てて細かい針目でくけることが難しかったです。力が入りすぎて針が曲がったり、針を折ってしまったりすることが何回もありましたが、でも仕上がってよかったです。



受講者Fさんの作品

作務衣

◆作務衣 (上下)◆

完成するまでいろいろと試行錯誤されたそうですが、日にちもあまりかからず、素敵な作務衣が出来上がりました。

お父様のために縫った作務衣で、サイズもぴったり!だったそうです。



     作務衣 ズボンは防寒用に裏地が付いています。

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional