和裁士の育成と着物のお仕立て、お直しのことなら仕立屋の衣裳研究会へ

衣裳研究会代表ごあいさつ

衣裳研究会 代表 ごあいさつ

横浜マイスター 鈴木栄治



(有)衣裳研究会 取締役 鈴木栄治 

平成 8年 初代横浜マイスター称号認定
平成14年 神奈川県卓越技能表彰
平成20年 厚生労働大臣「現代の名工」卓越技能表彰
平成21年 黄綬褒章受章

             
昭和39年和裁の道に入り、以来和裁一筋に今日に至る。
和裁団体、和裁検定委員等に於いて重要な役職に就き、後継者の育成、着物振興、技能検定制度の推進、和裁業界の地位向上等のために積極的に行動し、その指導力、和裁技能等に於いては業界各位より非常に厚い信頼が寄せられている。
またその傍ら自らも創作研究に意欲を燃やし、高級百貨店等において和服創作品の個展及び販売を幅広く展開している。

創作羽織紐

hr14 1

主要経歴
昭和56年 有限会社 衣裳研究会取締役
昭和56年 神奈川県和裁高等訓練校校長
平成 5年 中央技能検定員
平成 7年 神奈川県和裁訓練協会会長
平成22年 全国和裁着装団体連合会会長

免許 資格
昭和42年 東京商工会議所和裁検定1級
昭和42年 各種学校教師免許
昭和51年 職業訓練指導員免許和裁科
昭和52年 技能検定(国家検定)和裁1級

hr14 1


横浜マイスター 鈴木栄治  横浜マイスター 鈴木栄治

横浜マイスター 鈴木栄治

一つ一つが着物文化・・・

着物は日本の民族衣装であり、文化・伝統であることは誰もが周知している。着物が出来上がるまで、いろいろな職人の手にかかり出来上がる・・・お蚕を育てる事から始まり、最後の仕立てまで様々な工程があるが、その一つ一つ全てが日本の誇る文化・伝統である事を忘れず、そして言い伝

えて欲しいと切に願うのである。
私はその工程の中で和裁という着物の最後の工程を生業とした着物仕立て職人である。
何百人と手のかかった反物は、仕立ていかんによって、より素晴しいものともなれば駄目にしてしまう場合もある。その任は重く、全神経を注がなければならない「着物文化」の最後の仕事であると常に痛感し又誇りに思う。そして今日も有り難く生地を手にし裁ち板の前に座るのである。  

鈴木榮治

創作羽織紐

powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional