和裁士の育成と着物のお仕立て、お直しのことなら仕立屋の衣裳研究会へ

和裁技能士とは

和裁技能士とは

簡単に言うと「和裁の国家試験に合格した人」のことを言います。

和裁の国家試験は3級~1級があり、合格するとそれぞれの和裁技能士の称号が与えられます。(有資格者の独占名称)

3級合格者→3級和裁技能士
2級合格者→2級和裁技能士
1級合格者→1級和裁技能士

和裁の国家試験とは

技能検定ってご存知ですか?

技能検定とは・・・
「働く人々の有する技能を一定の基準により検定し、国として証明する国家検定制度」です。技能検定は、技能に対する社会一般の評価を高め、働く人々の技能と地位の向上を図ることを目的として、職業能力開発促進法に基づき実施されています。

技能検定は、国(厚生労働省)が定めた実施計画に基づいて、試験問題等の作成については中央職業能力開発協会が、試験の実施については各都道府県がそれぞれ行うこととされています。

技能検定は昭和34年に実施され、平成25年4月現在114職種について実施されています。その114職種の1つに和裁が含まれています。

和裁技能検定は和裁に関する唯一の国家資格です。

和裁の国家試験=和裁技能検定=和裁の国家資格



和裁技能検定の概要

機関管轄 厚生労働省
問題作成 中央職業能力開発協会
実施 都道府県職業能力開発協会
時期年1回実施
実技 1月下旬
学科 2月上旬
技能検定は前期と後期に分かれていて和裁は後期の試験となっています
申込み受付期間10月上旬~中旬頃まで
階級3級~1級
受検資格実務経験日数
1級→7年以上
2級→2年以上
3級→期間を問わず実務経験がある者
※日数は職業訓練歴、学歴等により異なります
詳しくは→厚生労働省 WEBサイト
受検地全国各地
受検料学科 3,100円
実技 16,500円
合格発表3月中旬頃
合格率平均
1級 50~60%
2級 55~60%
3級 80%
詳細中央職業能力開発協会 WEBサイト
厚生労働省 WEBサイト


和裁技能検定の難易度

3級 長襦袢の縫製で時間も比較的余裕があり合格しやすいです。

2級 課題が女子用袷長着になり、縫う速さも要求されるので取得が難しくなります。

1級 課題が絵羽ものになり、仕立てる量が増え、部分縫いも加わるので難関になります。

合格率が示すとおり、2級、1級からは課題が「袷の長着」になり、縫う速さも要求されるので取得が難しくなりますが、いい指導者に恵まれ、努力を惜しまなければ必ず1級まで合格できます。

和裁技能検定 取得までの年数

3級  1年目で取得可能

2級  3級合格後の翌年取得可能

1級  2級合格後の2年後習得可能



和裁技能検定の課題

実技学科部分縫い試験時間
1級女子用袷長着付け下げの縫製
(上前に模様合わせのあるもの)
表 上前おくみ付け えり付け
裏 えり付け
  まとめ
和裁全般の知識
上級レベル
真偽法及び四肢
択一法
50代題
都えりの上前
の縫製
(しんもす使用)
実技
7時間30分
部分縫い
実技時間内
学科
1時間40分
2級女子用袷長着の縫製
左袖
表 えり付け
裏 えり付け
  まとめ
和裁全般の知識
中級レベル
真偽法及び四肢
択一法
50代題
  なし実技
6時間30分
学科
1時間40分
3級女子用袖無双袷長襦袢
または胴抜き長襦袢の縫製
左袖
えり付け(別えり)
まとめ
和裁全般の知識
初級レベル
真偽法及び四肢
択一法
30代題
  なし実技
3時間30分
学科
1時間


powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional